RSS全記事管理者用
たこやき亭 ★気まぐれ日記★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてるが故に。。。
ありがとう

ちょっと衝撃的な。。。聞きなれない言葉。

「セックスボランティア」

障害者のための介助サービス、つまり

自慰行為や恋人同士の性交渉の補助などセックスケアを意味する。

障害者のために

心身両面から性の悩みをサポートすることを目的としていて

オランダや北欧では合法で、自治体が助成する所もあるらしい。。。

★☆★☆★☆★☆

今まで考えたことも無かったけど。。。

確かに障害者も同じ人間、生きてる以上

性に対する悩みは人並みにあるハズ。。。

そやけど。。。日本では一切耳にしたこともない。

いわゆる「見ざる聞かざる言わざる」を決め込むって言う感じ。。。?

どちらかと言えば。。。タブーな領域。。。みたい。。。


それに比べて

欧米、特にオランダは ほんまオープンな国やなぁって感じる。

元々 売春行為も一部の薬物(大麻)も合法で、

その上刑務所には受刑者同士の性交渉の個室まであるとか。。。えぇ

ちょっとそれは、やり過ぎちゃうの?って思うけど、

国がそういう事を全面的に

バックアップしてるって言うのが日本では考えられへん。


でも、基本はやっぱ、同じ人間である以上

同じ権利を主張してあたりまえやんかっ ていうのが

根底にあるんやろなぁ。。。

それを正面から取り組んでるっていうのは、

ある意味キリスト教の精神が根付いてるからやろか。。。

ふと
そんなコトを考えてしまった。。。今日この頃デス´д`トホホ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
★☆★☆★☆★☆

今まで考えたことも無かったけど。。。

確かに障害者も同じ人間、生きてる以上

性に対する悩みは人並みにあるハズ。。。

そやけど。。。日本では一切耳にしたこともない。

いわゆる「見ざる聞かざる言わざる」を決め込むって言う感じ。。。?

どちらかと言えば。。。タブーな領域。。。みたい。。。


それに比べて

欧米、特にオランダは ほんまオープンな国やなぁって感じる。

元々 売春行為も一部の薬物(大麻)も合法で、

その上刑務所には受刑者同士の性交渉の個室まであるとか。。。えぇ

ちょっとそれは、やり過ぎちゃうの?って思うけど、

国がそういう事を全面的に

バックアップしてるって言うのが日本では考えられへん。


でも、基本はやっぱ、同じ人間である以上

同じ権利を主張してあたりまえやんかっ ていうのが

根底にあるんやろなぁ。。。

それを正面から取り組んでるっていうのは、

ある意味キリスト教の精神が根付いてるからやろか。。。

ふと
そんなコトを考えてしまった。。。今日この頃デス´д`トホホ
スポンサーサイト

【2007/09/24 10:09】 | よもやま独り言
トラックバック(0) |


たこ★ぽん
To 藤方たいこう さん

こんな場末のブログに
コメどうもありがとうございます^^

確かに自分の身内に
セックスボランティアに従事してる
近親者がいたら。。。俺も恥じるかもしれませんね。

俺自身、ボランティアっていう概念が
薄い人間なんで、つーか心のどこかでいつも
見返りを求めてしまう自分が見え隠れするんで
ボランティアに従事するっていうのが苦手なんですよ

だから逆に。。。自己満足であれ、
そういう活動に従事できる人を尊敬しますw

「セックスボランティア」

島国の日本では到底、理解されないでしょうね。
例え国が助成金を出す形になったとしても
たぶん、新ての風俗ビジネスみたいな
受け止め方になるような。。。気がします。

ただ、障害者も一人の人間である以上、
性欲もあるわけで。。。自分で処理もできないわけで。。。
やっぱ将来的にも、お国がお墨付けをするよりは、
「見てみぬふり」が日本の風土にはあってるような
気がします。



藤方たいこう
最近ボランティアに興味がありまして、
記事を読み漁っているところ
たどり着きました。

色んなボランティアがあるなと思ってたところ、
セックスボランティア?!
若い私には過剰反応を強いられますね 笑

ボランティアの定義は
自発性 無償性 公共性 社会開発性
の4大要素があるそうです。

皮肉にも日本人の「ボランティア」には
健全なイメージ
一部の物好きのたのしみ
があるのは否めないようです。

「一部の物好きのたのしみ」
的には実現しうる話ですが、
前者とは正反対でしょうね。

性にオープンな国ならいいですが、
私が親で娘がそのボランティアをするなら、
娘の存在を恥と思ってしまいます。

障がい者の方の性の性の悩みが皮肉で解消で解消されないというなら、
さらに日本の貞操観念という皮肉がさらに層を成している。
「見ざる聞かざる言わざる」
は合法とされるでしょう。

オープンになるつつある若い世代の
その子の時代にはわかりませんがね。


たこ★ぽん
To komakoさん
いつもコメありがとうございますw

確かに障害者の性に対する欲求をケアするなんて。。。
ボランティア精神だけじゃデリケート過ぎて
フォローできないと思います。
想像つかないです、難しすぎて。。。やっぱ。

>日本では性教育全体が遅れており・・・
日本じゃ子供に対する性教育すらちゃんとできないし。。。っていうか
北欧や欧米みたく学校や親から避妊具を渡したりする習慣なんてないですから。。。
俺も親からそんな教えなんて伝授してもらってないし、つーか
思春期は、もっぱら周りの悪友から教わってましたし。。。(^^;

残念ながら。。。
こういうケアは日本では風俗的な見方になってしまうような気がします。。。

>平安時代のような昔、夜這い方式の男女の営みなどが
>貴族の間では普通だったそうです。
ん~今夜這いなんてしたら。。。婦女暴行ですよね。。。(^^;
しかし、お付の人があれこれと示唆してたなんて。。。
昔の方がきっちり性教育をしてたんやぁって感じます^^
なんでいつの間にそういう習慣がなくなったんでしょうね?
色んな情報が錯綜する昨今やから正しい性教育を伝授しないと。。。
余計に思いますw。。。エイズとかあるし。。。

でも言うは易し行うは難し。。。やっぱムズイ。。。かなぁ


komako
>障害者のための介助サービス、つまり
自慰行為や恋人同士の性交渉の補助などセックスケア

こういうボランティアが海外で存在するのは知っていました。
しかし、自治体などが助成するシステムがあるとは知りませんでした。驚いております

ボランティアというのは色々あって、それは人間が人間らしく生きる為の介助を指す事だという認識もあるのですが、なんでしょうねー私も日本人らしい日本人なんでしょうね、そういう内容と性というものが上手くつながりません。

日本では性教育全体が遅れており、私にも幼い子供がおりますが、我が子に対して今後どういう時期にどういう状態で性教育をするべきなのか、大変悩んでおります。
そういう部分を含め、日本では性について秘め事扱いを長い間してきた訳ですから、正直障害者の性のケアという所はもっと遅れているのではないかと思います。

でも、健常者であろうがそうでなかろうが、誰かを好きになったりするのは当たり前で、精神と肉体が成熟してくれば、どんな人でも気持ちだけでなく肉体の欲求も芽生えるのは当然です。
それはわかっています、いますが介助となると大変デリケートで難しい話ですね(^^;)


比べるのは凄く変ですが-----

平安時代のような昔、夜這い方式の男女の営みなどが貴族の間では普通だったそうです。夜になると紳士が淑女の館へ忍ぶ訳ですよ、予告してくる事もありましょうが、そうでもない場合もございます。
まあ、女性側としてはNOとも言えるんですが、まずは試してみるか!的な事が普通だったそうです。
心構えはさておき、それなりのお宅のお嬢様ですから、寝所の側にもお付の人がいたりして、事が済むと後始末をその人がしてくれるとか。不慣れな女性の場合はそれこそ介添えもしたらしいです。
よく時代劇などで見る戦国時代やら江戸時代などでも、お付の人が女性にあれこれ示唆したりなんてシーンを見ますが、まあその手の介添え役が日本にも過去存在はしていたんですよね。
だから現代の日本でもそういうケアのお手伝いができないって訳ではないんでしょうが----普通の介助でもされる側とする側に色々相違というか、行き違いなどが発生することがありますから、簡単にはいかないのかなーとも思います。

やっぱり長年通した秘め事扱いがいけないのかなー。
でもね、何となくそんな奥ゆかしい考え方って日本っぽいというか、憎めないんですよね(^^;)

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
To 藤方たいこう さん

こんな場末のブログに
コメどうもありがとうございます^^

確かに自分の身内に
セックスボランティアに従事してる
近親者がいたら。。。俺も恥じるかもしれませんね。

俺自身、ボランティアっていう概念が
薄い人間なんで、つーか心のどこかでいつも
見返りを求めてしまう自分が見え隠れするんで
ボランティアに従事するっていうのが苦手なんですよ

だから逆に。。。自己満足であれ、
そういう活動に従事できる人を尊敬しますw

「セックスボランティア」

島国の日本では到底、理解されないでしょうね。
例え国が助成金を出す形になったとしても
たぶん、新ての風俗ビジネスみたいな
受け止め方になるような。。。気がします。

ただ、障害者も一人の人間である以上、
性欲もあるわけで。。。自分で処理もできないわけで。。。
やっぱ将来的にも、お国がお墨付けをするよりは、
「見てみぬふり」が日本の風土にはあってるような
気がします。
2007/11/17(Sat) 11:07 | URL  | たこ★ぽん #JnoDGgPo[ 編集]
最近ボランティアに興味がありまして、
記事を読み漁っているところ
たどり着きました。

色んなボランティアがあるなと思ってたところ、
セックスボランティア?!
若い私には過剰反応を強いられますね 笑

ボランティアの定義は
自発性 無償性 公共性 社会開発性
の4大要素があるそうです。

皮肉にも日本人の「ボランティア」には
健全なイメージ
一部の物好きのたのしみ
があるのは否めないようです。

「一部の物好きのたのしみ」
的には実現しうる話ですが、
前者とは正反対でしょうね。

性にオープンな国ならいいですが、
私が親で娘がそのボランティアをするなら、
娘の存在を恥と思ってしまいます。

障がい者の方の性の性の悩みが皮肉で解消で解消されないというなら、
さらに日本の貞操観念という皮肉がさらに層を成している。
「見ざる聞かざる言わざる」
は合法とされるでしょう。

オープンになるつつある若い世代の
その子の時代にはわかりませんがね。
2007/11/13(Tue) 05:24 | URL  | 藤方たいこう #mQop/nM.[ 編集]
To komakoさん
いつもコメありがとうございますw

確かに障害者の性に対する欲求をケアするなんて。。。
ボランティア精神だけじゃデリケート過ぎて
フォローできないと思います。
想像つかないです、難しすぎて。。。やっぱ。

>日本では性教育全体が遅れており・・・
日本じゃ子供に対する性教育すらちゃんとできないし。。。っていうか
北欧や欧米みたく学校や親から避妊具を渡したりする習慣なんてないですから。。。
俺も親からそんな教えなんて伝授してもらってないし、つーか
思春期は、もっぱら周りの悪友から教わってましたし。。。(^^;

残念ながら。。。
こういうケアは日本では風俗的な見方になってしまうような気がします。。。

>平安時代のような昔、夜這い方式の男女の営みなどが
>貴族の間では普通だったそうです。
ん~今夜這いなんてしたら。。。婦女暴行ですよね。。。(^^;
しかし、お付の人があれこれと示唆してたなんて。。。
昔の方がきっちり性教育をしてたんやぁって感じます^^
なんでいつの間にそういう習慣がなくなったんでしょうね?
色んな情報が錯綜する昨今やから正しい性教育を伝授しないと。。。
余計に思いますw。。。エイズとかあるし。。。

でも言うは易し行うは難し。。。やっぱムズイ。。。かなぁ
2007/09/29(Sat) 01:07 | URL  | たこ★ぽん #JnoDGgPo[ 編集]
>障害者のための介助サービス、つまり
自慰行為や恋人同士の性交渉の補助などセックスケア

こういうボランティアが海外で存在するのは知っていました。
しかし、自治体などが助成するシステムがあるとは知りませんでした。驚いております

ボランティアというのは色々あって、それは人間が人間らしく生きる為の介助を指す事だという認識もあるのですが、なんでしょうねー私も日本人らしい日本人なんでしょうね、そういう内容と性というものが上手くつながりません。

日本では性教育全体が遅れており、私にも幼い子供がおりますが、我が子に対して今後どういう時期にどういう状態で性教育をするべきなのか、大変悩んでおります。
そういう部分を含め、日本では性について秘め事扱いを長い間してきた訳ですから、正直障害者の性のケアという所はもっと遅れているのではないかと思います。

でも、健常者であろうがそうでなかろうが、誰かを好きになったりするのは当たり前で、精神と肉体が成熟してくれば、どんな人でも気持ちだけでなく肉体の欲求も芽生えるのは当然です。
それはわかっています、いますが介助となると大変デリケートで難しい話ですね(^^;)


比べるのは凄く変ですが-----

平安時代のような昔、夜這い方式の男女の営みなどが貴族の間では普通だったそうです。夜になると紳士が淑女の館へ忍ぶ訳ですよ、予告してくる事もありましょうが、そうでもない場合もございます。
まあ、女性側としてはNOとも言えるんですが、まずは試してみるか!的な事が普通だったそうです。
心構えはさておき、それなりのお宅のお嬢様ですから、寝所の側にもお付の人がいたりして、事が済むと後始末をその人がしてくれるとか。不慣れな女性の場合はそれこそ介添えもしたらしいです。
よく時代劇などで見る戦国時代やら江戸時代などでも、お付の人が女性にあれこれ示唆したりなんてシーンを見ますが、まあその手の介添え役が日本にも過去存在はしていたんですよね。
だから現代の日本でもそういうケアのお手伝いができないって訳ではないんでしょうが----普通の介助でもされる側とする側に色々相違というか、行き違いなどが発生することがありますから、簡単にはいかないのかなーとも思います。

やっぱり長年通した秘め事扱いがいけないのかなー。
でもね、何となくそんな奥ゆかしい考え方って日本っぽいというか、憎めないんですよね(^^;)
2007/09/26(Wed) 23:35 | URL  | komako #520q/7u6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/24(Mon) 16:56 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。